高血圧+糖尿+腎障害→オルメテックでケアしましょう

オルメテックが腎障害の患者さんに使われる理由

オルメテックは血圧を下げるために使用される薬です。
心臓病だけでなく、腎硬化症や糖尿病性腎症などの腎臓病にも有効です。
従来からあるACE阻害薬に成分が非常に近く、近年開発された新しいタイプの降圧薬です。
ACE阻害薬に多くみられていた咳の副作用はほとんど出ませんが、重い腎障害などを持つ患者さんが利用する場合には多くの注意が必要です。
虚血性腎臓病のある方や高カリウム血症、重度の腎臓病、透析中の方、減塩療法中の方などは原則として服用は控えます。
また、オルメテックを使用する際には、併用している薬についても医師に確認する必要があります。
併用する薬によって、程度を問わず様々な副作用がでやすくなります。
副作用がより強くなってしまうケースや、逆に降圧の効果が弱まるケースなど症状が悪化し、危険な状態になることもあるので、十分な注意が必要不可欠です。
腎障害などで腎臓が悪い方は、飲み始めの頃に一時的ではありますが腎機能が悪化する場合があります。
血中のカリウム濃度が上昇している可能性がありますので、定期的な血液検査を受けるようにします。
重い副作用副作用があらわれた時は、自分で判断せずにただちに受診するよう配慮が必要です。