高血圧+糖尿+腎障害→オルメテックでケアしましょう

オルメテック服用と網膜細動脈硬化症とサプリメント

オルメテックはアンギオテンシンレセプターブロッカー(ARB)に属する高血圧症治療薬です。オルメテックの有効成分オルメサルタンは副腎皮質球状層に存在するアンギオテンシンAT1レセプターをアンギオテンシンIIと競合的な阻害をすることによって、アンギオテンシンIIの効果を無効化し、血管拡張、血流量減少の結果、血圧を下げます。オルメテック服用のメリットですが、まず副作用、薬物間相互作用の心配が少ない点です。また、臓器保護作用といって長期的な心臓、腎臓などの機能保護にメリットがある薬です。
このオルメテックは網膜細動脈硬化症に有効な薬です。動脈硬化とは、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの影響で、血管が固くなって柔軟性を失い、血栓塞栓症、出血、臓器不全の原因となるものです。網膜細動脈硬化症は動脈硬化が網膜細動脈に起こった場合を言います。網膜細動脈硬化症にはなかなか自覚症状が現れませんが、眼底検査によってこの病変を観察することができます。もし動脈硬化が進行し、そこの血流が閉塞し、途絶えてしまった場合、視野が欠けたり、最悪失明をする可能性すらあります。オルメテックなどARBは他の高血圧症治療薬と比較して、網膜細動脈など、比較的細い末梢血管を拡張し血流を確保することに優れている薬です。ですからこういった場合の治療には非常に適しています。またARBとカルシウムブロッカーの動脈硬化改善効果を比較すると1年後にはARBが有意に改善するというデータもあります。
またオルメテックはサプリメントとの併用は問題ありません。サプリメントには動脈硬化にいい影響を与えるものもあるため、オルメテックとそのサプリメントを併用することでより高い効果が期待できます。ビタミンC、ビタミンEなど抗酸化作用を持つサプリメントは動脈硬化に効果を発揮しますのでぜひ使ってみて下さい。