高血圧+糖尿+腎障害→オルメテックでケアしましょう

Archive for 11月 2014

高血圧と腎障害の関係性を考えると、やはり高血圧が長い期間続くと腎臓に血液を送る時の細動脈に圧力がかかる為血管の中の細胞が細くなったり、老廃物が濾過できない状況で慢性の腎不全となったりする事も特に気を付けておかなければいけない病気となります。
やはり高カロリーのものを摂取する時は特に注意する事が必要な状況であり、生活習慣としても特に食生活に気を付けて置く必要があります。

こう言った症状などが健康診断などで判る所があれば、その有所見に関して医師の診断を受けて生活習慣の改善や、状況によっては薬を服用しながらの改善を努める必要があります。
食事のカロリーコントロールも必要となりますが、適度な運動が効果的に血圧を下げる事となります。
その事を考えて高血圧と診断されたのであれば、今度は腎障害に関しても関係性のある事となる為、お酒も制限される形となってしまいます。
そう言った事にならない為にも、やはり生活習慣の改善と適度な運動は欠かせないものとなりそうです。
そう言った所からも高血圧の数値改善に向けて色々と考えていけば、その生活をしっかりと規則正しいものとして改善していく事が必要となり、健康を維持する事となっていくでしょう。

オルメテックは血圧を下げるために使用される薬です。
心臓病だけでなく、腎硬化症や糖尿病性腎症などの腎臓病にも有効です。
従来からあるACE阻害薬に成分が非常に近く、近年開発された新しいタイプの降圧薬です。
ACE阻害薬に多くみられていた咳の副作用はほとんど出ませんが、重い腎障害などを持つ患者さんが利用する場合には多くの注意が必要です。
虚血性腎臓病のある方や高カリウム血症、重度の腎臓病、透析中の方、減塩療法中の方などは原則として服用は控えます。
また、オルメテックを使用する際には、併用している薬についても医師に確認する必要があります。
併用する薬によって、程度を問わず様々な副作用がでやすくなります。
副作用がより強くなってしまうケースや、逆に降圧の効果が弱まるケースなど症状が悪化し、危険な状態になることもあるので、十分な注意が必要不可欠です。
腎障害などで腎臓が悪い方は、飲み始めの頃に一時的ではありますが腎機能が悪化する場合があります。
血中のカリウム濃度が上昇している可能性がありますので、定期的な血液検査を受けるようにします。
重い副作用副作用があらわれた時は、自分で判断せずにただちに受診するよう配慮が必要です。