高血圧+糖尿+腎障害→オルメテックでケアしましょう

Archive for 12月 2014

糖尿病は状態を放置すると症状が進行し、眼・腎臓・神経などにさまざまな合併症が引き起こされることで、すい臓から出されるインスリンの働きが下がって血液中の糖分が異常に高い状態が続くことを言います。
糖尿病ケアとしては、まとめ食いや2食にするようなインスリンをたくさん分泌しないように一日3食をきちんと取って、スピードも意識的にゆっくりとよく噛むように食べるすることが、正しい食生活にも繋がりすい臓の負担も減るのです。

ご飯やパンなどの主食を遠ざけるとアルコールや間食の回数が増える傾向があり、糖尿病だけでなく肥満になってきます。
糖尿病ケアを怠ると血糖値のコントロールが出来なくなり自律神経が弱まり原因といわれる動脈硬化で体内の血流も悪くなり、感覚も鈍くなり感染症にも極めて弱くなります。
最悪の場合は壊疽まで行ってしまい切断することにも繋がります。

昔はビンに入ったガラス製の注射器で注射していたが毎日熱湯消毒する為、大変な手間と時間を要していましたが、現在はペン型になっており血糖値を下がり過ぎない薬が開発されており、針も10年前と比べて短くなっていて太さも細くなっているぶん痛みもほとんど感じなくなってきてます。