高血圧+糖尿+腎障害→オルメテックでケアしましょう

Archive for 2月 2015

糖尿病とは、血液中のグルコースというブドウ糖の濃度が、病的に高くなって起こる病気の事です。
主な症状としては、強い喉の渇きや手足の痺れ、排尿量が大量になる等があります。
更に症状がひどくなると、意識障害や昏睡状態になる場合もあります。

 糖尿病の治療方法は、最初に食事療法や運動療法が行なわれます。
これらの治療方法で治らない場合には、血糖を下げる効果のある薬の経口服用が行なわれます。
更にそれでも期待する効果が出ない場合には、インスリンを注射で投与するという治療方法が行なわれます。

 糖尿病になった場合に注意しなければならないものとして、病気の併発が挙げられます。
糖尿病になると、血管、特に毛細血管の壁に変性が起きる可能性が高くなります。
これによって、血管が細くなったり詰まったりしてしまいます。
これが引き金となって、様々な病気を併発してしまうのです。

 併発しやすい病気の代表的なものとしては、失明の原因にもなり得る網膜症、血液の濾過が出来なくなってしまう腎症等があります。
他にも、末梢神経に障害が起きる神経障害等もあります。
神経障害になると、体の様々な部分で痺れや痛み、脱力や知覚障害といった症状が出るようになります。