高血圧+糖尿+腎障害→オルメテックでケアしましょう

Archive for 11月 2015

オルメテックの有効成分はオルメサルタンという名前で、ディオバン(バルサルタン)、ブロプレス(カンデサルタン)、ミカルディス(テルミサルタン)と同様にARB(アンギオテンシン受容体拮抗薬)という分類に属する、高血圧治療薬です。オルメテックは他のARBと同様に副腎皮質球状層のアンギオテンシンAT1受容体を競合的に阻害することで、レニンーアンギオテンシンーアルドステロン系の働きを抑え、血圧を低下させます。オルメテックの特徴の1つとして副作用が少ないこと、他剤との飲み合わせで問題となる組み合わせが少ないことが挙げられます。65歳未満と65歳以上で服用による副作用のリスクに変化はないと添付文書に明記されており、科学的に実証されています。よって比較的安全に服用できるということになります。また動脈硬化抑制効果に優れていることも利点の1つです。ARBとカルシウム拮抗薬の動脈硬化抑制効果を比較した時、ARBの方が1年後に有意に動脈硬化抑制することが証明されているデータもあります。そういった理由でオルメテックは臓器保護作用に優れていて、高血圧症の治療初期から積極的に使用されています。しかしながら降圧作用に関しては、カルシウム拮抗薬に劣るため、血圧降下のためにカルシウム拮抗薬を併用するケースが多いです。
また妊娠症によっても高血圧は起こります。妊娠症は妊娠中期以降に起こりやすく、胎盤の形態上の理由で高血圧、蛋白尿、浮腫などが起こることがあります。しかし妊娠症における降圧目的でオルメテックは使用されません。妊娠中期以降にオルメテックを服用すると、羊水が減少してしまい、死産などの副作用が発現するため妊娠中には禁忌の薬となっています。