高血圧+糖尿+腎障害→オルメテックでケアしましょう

Archive for 12月 2015

オルメテックの有効成分はオルメサルタンで、ARB(angiotensin receptor blocker)という分類に属する高血圧症治療薬です。オルメテックはレニンーアンギオテンシンーアルドステロン系でアンギオテンシンIIの受容体となる、AT1受容体を競合阻害し、レニンーアンギオテンシンーアルドステロン系の働きを抑制することで、循環血液量減少、血管拡張といった効果をもたらし、血圧を低下させます。オルメテックは副作用発現頻度が低く、薬物間相互作用も少ないため、安全に使える薬で、糖尿病など他の疾患を持つ患者さんに積極的に投与されています。また臓器保護作用というのがあり、心機能や腎機能を長期的に守る働きがあります。ですから糖尿病、脂質異常症などの持病があり、心疾患、腎不全のリスクのある方の降圧治療には積極的に使用されます。
またオルメテックは脳動脈硬化症に対して予防効果があります。脳動脈硬化症のリスクファクターとして高血圧、糖尿病、脂質異常症などが挙げられますが、オルメテックによって血圧管理をすることで脳動脈硬化症の予防、改善が可能です。ARBは動脈硬化症に対する有用性が証明されている高血圧治療薬ですので、特に有効でしょう。
また透析に関してですが、透析患者に対してオルメテックはほぼ使用されません。添付文書においては重度の腎機能不全の患者に投与すると、腎血流量減少などによって腎機能不全をさらに悪化させることがあるので、慎重投与するように記載があります。また腎機能が低下している患者さんでは血清カリウム値が高くなりやすいですが、オルメテックの投与によってさらに血清カリウム値が高値になりやすくなります。ですから透析をするような重度の腎不全患者に対する治療薬としては向いていないでしょう。